紙封筒からOPP封筒への流れ〜ダイレクトメールを開封して頂くために

営業ツールとしてのDMを効果的にするには?

DM(ダイレクトメール)を送ることは企業にとって、売り上げを伸ばす大切な方法の一つです。営業マンが、わざわざ、お客様の家まで足を運ばなくても、商品やセールの案内ができるからです。どんな相手にでも、苦情も言わず、ひるまず、ポストに飛び込んでくれるありがたいビジネスの相棒です。これを活用しない手はありません。ですから、毎日と言って良いほどのダイレクトメールが、私たちの家に届くのです。


このダイレクトメールですが、以前は、紙封筒で送付するのが主流でしたが、最近ではDM用の封筒としてOPP封筒が活躍するようになりました。OPPとは、Oriented Polypropyleneの略で、簡単に言うと、透明袋のことです。


以前はDMであってもなくても郵便物を送る際には大抵、紙製の封筒が利用されていました。中身が見えないため、企業のDMだと分かった瞬間に「ゴミ箱行き」となるケースも多かったようです。つまり、紙製の封筒の場合は、その中身の秘密が守られる反面、広告やセールの案内などを送付する場合は、中身をアピールしにくいというマイナス点もありました。


しかし透明で中身が見えるOPP封筒をDM用の封筒に利用すると、中身が見える分、お客様の興味を引き付ける可能性が高くなるため、開封しないまま捨てられる確率が大幅に減少しました。

お客様の興味を引くことが大切

もちろん中身が外側から見えても、お客様が何の興味も示して頂けない場合は、紙製の封筒と同様にそのまま「ゴミ箱行き」となるでしょう。そこで、企業側はできるだけDMの外側や、OPPの場合は見える部分を工夫してお客さんの興味を惹くものにして、開封率を高めようとしています。例えば、開封を促す言葉(話題の○○のご案内、今がチャンスなど)が印刷されている封筒をよく見かけますね。お客様に「開封するとオトクな情報が載っているかも」と期待して頂くわけです。期待感が高まると、封筒を開けてみたくなりますね。このようにすることによって、DMの開封率を上げられれば、それは売り上げ貢献への第一歩となるでしょう。まさにDMに営業マンの役割を担わせるものです。その営業マンをサポートするためにも、封筒表面は、効果的に使いたいものですね。


とはいえ、余りにもケバケバしい封筒−−−つまり、自己主張しすぎている封筒は、逆の意味で目立ってしまいます。シャベリまくって、煙たがられる営業マンのようですね。たぶんこういった場合、雰囲気を大切にしているお客さまからは、振り向いて頂けないかと思われます。要は、品良く引き付けるという、「さじ加減」が大切ではないでしょうか?

せっかくのダイレクトメールは、きれいなまま届けたい!

以前の紙封筒では雨などで濡れてしまうと、中身までグチャグチャといったこともありました。配達する方が悪いわけではありませんが、ガッカリしますよね?それでも、大切な友人からの手紙などだったら、ていねいに乾かして、開封するでしょう。しかしDMだったら、どうでしょう?いくら興味のある宣伝文句を表面に印刷しても、「ゴミ箱行き」の確率も高くなってしまいます。これでは困ります。どうしたらよいでしょう?こんな時は、OPP封筒が問題を解決してくれます。OPP封筒であれば、防水性に優れているため、雨天時でも中身が汚れるのを防げます。キレイなままの状態でお客様の元にDMを届けることで、「ゴミ箱直行」といったリスクを軽くすることができるでしょう。

掲載記事の参照元:A4サイズのOPP袋

次のページでは、透明封筒(OPP袋とCPP袋)について、もう少し詳しく解説します。
どういう特徴があるのでしょうか?